建ててから後悔しないためのコツが満載!注文住宅を建てるなら知っておきたい情報をご紹介

こちらのサイトは、家づくりを始めようとするとき誰もが知っておくべき基本的な知識についてご紹介しています。
ただ、知識といってもその範囲には膨大なものあるので、ここでは注文住宅を建てて後から後悔せずに済む、そのためのコツを幅広くご紹介することにしましょう。
なお、建築費は建売住宅よりも高くなることが多いけれども、その理由には何があるのか、規模を考えるときにはライフスタイルに合わせた形で検討するなど幅広く解説します。

建ててから後悔しないためのコツが満載!注文住宅を建てるなら知っておきたい情報をご紹介

注文住宅は、建売住宅にはない自由な間取りに自由なデザイン、このような魅力があるので家を建てる人の間から人気を集めています。
計画を立てて進めたけれども、予算がオーバーしてしまい間取りを減らさなければならなくなったり、理想の家を作るはずが理想とはかけ離れたなど注文住宅は後悔することも少なくありません。
しかし、注文住宅は成功事例や失敗事例などを分析することで理想通りの家を建てることができるなどのコツもあります。

注文住宅をローコストで建てる方法

注文住宅を安く建てるにはまず業者選びが肝心です。
大手のハウスメーカーは宣伝費や人件費、モデルハウスの維持費などに経費がかかります。
それゆえに工費は高めの所が多いでしょう。
ローコストにしたいなら、自社一貫制の工務店がおすすめです。
営業から現場仕事まで少ない人数で行っている上に、下請けを挟んでいません。
マージンが取られない分、工費が安くなります。
またローコストの注文住宅を実現するには、建材選びや施工方法にも工夫することが大切です。
例えば漆喰の壁にしたい場合に、通常の塗料で塗り方を工夫すれば本物の漆喰材を使うよりも安価で済みます。
そうした案を考えてくれる工務店を選びたいものです。
妥協しても良い部分とここだけは譲れない箇所を定かにしておけば、無駄に理想が高くなりません。
あれもこれもしたいとなると、予算オーバーしてしまいます。
工事に入る前に、重きを置くところとそうでもないところについて話し合っておくことも大事です。

注文住宅が完成するまでの平均的な期間

家を建設する際に実際に新しい生活がスタートできるようになるまで、どれくらいの期間が必要になるかは考えておく事が重要です。
新しい家ができるまでの生活をどうするかを考えるポイントになりますが、建設方法として注文住宅の場合は期間が長くなる事を想定しておく必要があります。
建売住宅などの場合は既に建設されている家を購入するので、最短であれば3ヵ月程度で生活する事が可能です。
注文住宅の場合は土地探しから始める事が多いので、一番早くても半年は最低でも必要になります。
ただし半年という時間も最短だった場合であり、一般的に考えた場合での平均は8ヵ月から1年3ヵ月ほどかかる事が多いです。
土地探しや家の建設自体に拘ることで、平均よりももっと時間がかかる事もあります。
あくまでも完成までに必要な時間などには差があるので、あまり気にせずに自分達の理想とする家を建設する事が大切です。
より早く完成させたい場合であれば、より入念に計画を進める事が重要となります。

注文住宅の建築に必要な税金などの諸費用

自由設計の注文住宅であれば、自分たちの好みに合わせた家づくりが可能ですが、その一方で何かと費用がかかる傾向が強まるのも事実です。
そのため注文住宅を検討するのであれば、慎重にマネープランを立てることが求められます。
その際に意外と見落としやすいのが、諸費用のこと。
一般的に建物の本体工事費や土地の購入費はイメージされやすい反面、諸経費についてはなかなかイメージできないため、注文住宅を希望する方の中には最終的に予算オーバーしてしまう事例も見られます。
そのようなことがないように、諸費用について事前に理解しておくことが肝心です。
まず忘れてはならないのが、税金のことでしょう。
工事請負契約や住宅ローンを組む契約には印紙税がかかりますし、土地や建物の登記手続きにも登録免許税や司法書士への報酬等が必要になります。
さらに建物が完成すれば、不動産取得税をはじめ固定資産税や都市計画税、といった各種の税金を支払わなければなりません。
なお前述した住宅ローンを組む際には、融資事務手数料や保証料が発生する上、火災保険や地震保険そして団体信用生命保険料の加入が必須になるケースが多いので、注意が必要でしょう。

注文住宅を建てるために必要な頭金の目安

頭金は、分割払いなどを行う際に最初に支払うまとまったお金のことをいいます。
注文住宅を購入した経験がある者の中は、このお金をいくら用意すべきかで悩んだ者が少なくありません。
現在は、多くの金融機関で自己資金無しでも住宅購入資金の融資を受けられますが、長い返済期間中の家計の負担を少なくさせたいと考えているのであれば、可能な範囲で自己資金を用意しておきたいものです。
注文住宅を建てる際の頭金は、購入価格の1割から2割程度が相場といわれています。
したがって、自身でお金を用意する場合は、この相場を目安にすると良いでしょう。
例えば、土地・建物あわせて5,000万円の注文住宅を手に入れたい場合、事前にあつめておくべきお金は500~1,000万円ということになります。
かなりまとまった金額となるため、ある程度長い期間をかけて準備をしていくようにしないと、住みたいと考えている時期に注文住宅を手に入れることができなくなる可能性があります。